病院の看護師求人探しで気をつけたいコト

病院の看護師求人探しで気をつけたいコト

病院の看護師求人探しのコツ

ホームページのきれいさに騙されるな!

現在看護師が転職先の病院情報を収集するときに、インターネットを活用する傾向があります。多くの病院で、自前のホームページを持っているので応募する前にチェックしている人もいるでしょう。確かに病院の理念や看護部のポリシーなどが紹介しているので転職活動をする際の参考にはなります。

 

しかしホームページをチェックしている人の中には、ホームページがきれいな病院は良い病院に違いないという先入観を持ってはいませんか?確かにきちんとした病院で、ホームページもしっかりとしている所もあります。しかしすべてがすべて、いい病院かというとそうも言いきれない所があります。

 

どういうことかというと、ホームページだけを作り込んでいる病院も決して少なくないのです。病院側も、看護師がホームページを見ていることは十分意識しています。そこで魅力的な病院に見せるために、ホームページ制作に力を入れている所もあります。そしてその中には、離職率の高い病院もあるわけです。

 

病院の規模を気にしすぎない

転職先の病院を選ぶときに、病院の規模にこだわる人も少なくありません。大きな病院の場合、いろいろな患者を取り扱うことになります。また最新鋭の医療機器や治療法を導入している所も多いので、看護師のスキルを磨くには最適の環境が整っているといえます。

 

しかしあまり大規模病院にこだわり過ぎてしまうと、思わぬところで足元をすくわれる可能性があるので注意してください。たとえば、大きな規模の病院の場合、入院患者も非常に多い可能性もあります。このため、特に夜勤となると担当する患者の数が多くて、なかなか勤務時間中に休めなくなって、体を壊す可能性があります。

 

また大規模病院の中には、慢性的に看護師の数が不足している所もあります。この場合、いろいろと教えてもらいたいことがあってもほかのスタッフも自分のことで手いっぱいになっている可能性もあります。そうなると自分で判断していかないといけなくなって、パニックになってしまう可能性もあるので注意してください。

 

「看護師 or 保健師」どちらで採用されるのか確認!

保健師資格も持っている看護師さんなら病院勤務でも「保健師ならではの仕事」をしたいと思うはずです。保健師採用を出している病院なら良いのですが、仕事内容が不明確なこともあり、入職してみたら看護師としての仕事ばかりだったということもあるようです。

 

求人票をチェックする際は、仕事内容と配属をしっかり確認しておきましょう。